カテゴリー別アーカイブ: ボヤキ

ババ募集

私にはパパ募集で知り合ったパパがいます。出会い系サイトで私が書き込みをしたのがきっかけでした。パパ募集はこれまでにも何度もしていますが今のパパはパパ募集してきた中で最高のパパだと思っています。やっと理想的なパパに巡り会えた。そんな感じです。彼氏がいる時と同じように付き合ってきた元彼たちに同じだけの気持ちを注いできたわけではありません。大小なりとも気持ちに差があるものです。誰もが経験していることではないでしょうか。そんな気持ちの大小がもちろんパパに対してもあります。パパとして好きなんだけどその好きには差があるのです。
パパ活でお金が欲しい
その差がどうして生まれてしまうのかわかりませんが多分、小さなことの積み重ねなんだと思います。小さなことの合う合わないが積み重なって気持ちの大小に繋がっていくのでしょう。例えばこういう時はこうしてほしい。ということを言わずに相手も察してくれるのか。私が好きなファッションスタイルなのか。私が好きだなと思えるポイントを押さえているのか。そういうことの小さな積み重ねが結局、私の好きな気持ちに繋がってくるのです。そんな小さな積み重ねをいくつもクリアしてきたのが今のパパです。彼もそれをクリアしようと思って私に接しているわけではないと思います。私も彼にそういうことを話したことははないからです。彼が自然体だからこそ私も彼のことを最高のパパだと思えるのです。つまり私と彼の相性は最高だということです。
食事パパ

セフレの作り方

セフレアプリを使った童貞の僕が筆おろしをしてセフレも作りました
私はセフレの作り方にはポリシーがあります。セフレの作り方にポリシーなんて持ってどうするのかと思う人もいるでしょうが私にとっては大切なことなんです。私のセフレの作り方は、メル友を1年以上続けてからセフレになることです。お互いどんな人間かわかってからじゃないとセフレになれないのです。男ならそんなの関係ないだろ。と言われそうですが私はそういった面にはナイーブで、感情がない相手とはセックスできません。セフレであってもある程度の愛情は必要なのです。恋愛感情ではないにしろセフレに対する何かしらの感情がないと私はセックスすることができないのです。私も他の男性のように相手が女性なら誰とでもセックスできる。といった人間なら良かったのですが、私には無理なんです。ただ、この私のこだわりに付き合ってくれる女性と出会うことが本当に難しいです。その代わり、セフレになれば関係が長く続きます。今は2人のセフレがいますが、どちらも3年以上の付き合いです。2人とも私のこのポリシーを理解してくれて1年以上もメル友の関係を続けてくれた女性です。私は今までにいないタイプらしく、そこに興味を持ってくれたのが始まりなんですが、今では他のセフレなんて必要ないとまで言ってくれます。お互いに理解を深めてきたことで、セフレを超えた関係を築くことができたようです。彼女たちはいつも私にこういいます。いつまでも変わらないでほしいと。もちろん私もそのつもりです。
出会いアプリ
スマとも

パパ掲示板

教わった出会い系の掲示板で愛人募集
パパ掲示板、学生のころからちょいちょい使ってるけど、今のところ危ない目にあったことはないな。
私の守護霊様優秀だから・笑
もちろん、パパ掲示板でイヤなことされたり、危ない目にあった話って、割と仲間内から聞くことはあるんだよ。
だけど、私自身にはそういうことはなくて。実はちょっと期待してるところもあるんだよね。
パパ掲示板で事件に巻き込まれる、みたいな、スリル。
例えば、パパ掲示板の相手が元犯罪者とか、逃亡犯とか。やくざに追われてる人とかさ、なんか突然そういう非日常に巻き込まれて行くヒロイン……。
そんなことも時々妄想するけど、私にはそういう劇的なことは起こらないみたい。
この間会ったパパ掲示板の人なんて、本当に普通にしてれば、マイホームパパそのものだったもん。
だけど、聞いたら、ただのバツイチだった・笑
前の奥さんの悪口とか、子どもに会いたいって話とか、ちらっとしてたけど、別に惹かれるようなスリルのある話じゃなかった。
一緒に食事して、買い物して、それでお茶飲んで。その人、タバコもお酒もやらないんだって。
なんかさ、こういう普通の人がパパ掲示板にいるっていうのも、なかなかの非日常なのかなって思ったりするんだけど、大多数のおじさんが、みんなこんな感じだよね。
パパ掲示板なんて、おじさんたちにとっては、普通の日常からちょっと非日常に脱出するためのツールってだけの話かもね。
私にとってはパパ掲示板が日常で、その中でなにかしらの非日常を求めてる。
そして、それこそが私の日常になってしまってるんだなーって。
タニマチ

サポ掲示板

サポ掲示板で、添い寝フレンド募集した時のことなんだけどさ。
いや、俺、ずっと彼女いなくて。で、長いこと猫飼ってたんだけど、そいつが死んじゃってさ。いつも俺の布団の中に入って一緒に寝てたから、そいつがいないと、どうもうまく寝つけなくて。
で、まぁ、ペットロスってこともあるんだけど、不眠症になっちゃったんだよね。
病院に行く前に、女友達から「サポ掲示板とかで添い寝フレンドってやつ募集したら」ってアドバイス受けて。
「って勧めるなら、お前ちょっと添い寝してくれない?」って言ったら、ヤダっていうからしかたなく。
知らない人をうちに連れてくるとかすごい抵抗あるんだけど、その女友達も別の部屋で泊まってくれるっていうから、じゃ、やってみようかってなったわけ。
サポ掲示板だったから、値段設定は低くしたよ。だって、エッチなことしても二万円とか三万円でしょ、
サポ募集
添い寝だけだったら、五千円くらいでよくね?って言ったら、女友達が「そういう恥ずかしい真似しないの」って。
一万円って設定にした。
そしたらさ、すごい数の応募があって。女友達が全部選別してくれて、後は好みの子がいいからっていうんで、写メ送ってもらってから決めたんだよね。
一人髪の長い、和風美人がいて、死んだ猫の面影っていうそういうの感じる子がいてさ、その子にしたんだ。
さすがに緊張したけど、添い寝だけだって思ったら、興奮する必要もないからさ、お触りはOKだったから、隣に寝てもらった。
女友達は客間に勝手に布団敷いて、ぐーすか寝てた。
だけど、髪の長い子じゃん。寝てると、彼女の髪が顔に当たって、腹立ってきてさ。結局女友達が寝てる客間に忍び込んで一緒に寝たんだよ。
ホ別イチゴ